スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関東バス 東京ミッドナイトエクスプレス京都号

ゴルァでお馴染み、関東バスでございます。




三条↓京阪↓というイントネーションがネイティブには気になる模様。

スポンサーサイト

祖母宅近辺の写真、だいたい10年くらいまえ

だいたい夜中の2時過ぎに書いてます。眠れんです。


さて、愛・地球博の画像が入っていたフォルダに古い画像が結構な量出て来ましたのでここに紹介したいと思いますわ。






・祖母宅付近の駅の写真


重岡駅駅名板(消滅)

重岡駅の旧駅舎に掲げられていた駅名標。宗太郎駅が、そうだろう になってますねwww

んで、その駅舎がこれ。
重岡駅旧駅舎

そして、宗太郎駅の当時の時刻表がこれ……。

sotaro_timetable.jpg
なんて少なさだ!!!
現在では20時台に1往復増えてます…。

木浦バス停にて②
つい先日廃止になった大分バス木浦鉱山線の終点、木浦鉱山バス停。木浦という地名は韓国の木浦から来てるそうで。(鉱山技術者がそこを経由してきたことに由来するという説がある)

しっかし、私の祖母もこんな不便なところによく住んでるものです…。

超突発 四国・徳島へ【その2】

 さて、やや時化の海を進むこと2時間。徳島港に到着しました。

CIMG8207.jpg

CIMG8213.jpg

今回の旅はホントに「徳島に来てうどんを奢ってもらうためだけに来た」ので

それ以外の予定は全く立っていないという状況。とりあえず落ち合い、徳島駅に向かいます。



CIMG8216.jpg

\ 大 都 会 徳 島 /

立派な駅だし、ロータリーだし。そごうはあるし。



徳島駅前マジ立派。これで鉄道が電化率0%だなんて信じられません。
さて、この後は駅前のうどん屋に行って奢ってもらいました。香川行け、というツッコミは受け付けません。

3時間ほど

何もすることがないあまり、3時間もうどん屋にこもっていました。
徳島に来て何やってんだか。

その後は駅裏で写真撮ってました。
CIMG8222.jpg
CIMG8221.jpg

駅前のバスの群れ

CIMG8227.jpg




その後もカフェ入ったり、夜ご飯またしてもうどん食ったりで時間を何とか潰しておりまして。

徳島に来たらこれは見ておきたいと思い、待ってました。

CIMG8238.jpg

ツアーバス会社の革命児(?) 海部観光です

前が4列仕様の「マイ・エクスプレス」
奥が3列仕様の「マイ・リピート」です。

この会社、バスは全てエアロクイーンで統一してるみたいです。儲かってるみたいですなぁ。それもそのはず

海部観光のツアーバスは本当に人気が高く、撮影が水曜日にもかかわらず全便満席という盛況ぶり。

CIMG8242.jpgマイリピートの拡大。夜遅く、お粗末な写真で申し訳ない。

そして、更に待つこと20分。

海部観光の誇る豪華ツアーバスがやって来ました。

CIMG8252.jpg


独立2列、土足厳禁、全12席しか設定されていないあらゆる意味で破格なバス

マイ・フローラです。
CIMG8255.jpg



マイ・フローラは当然満席でした。乗ってみたい気もするのですが、徳島に一旦出てから東京に行く手間を考えると…w



というわけで22時。徳島発最終うずしおで高松へ向かいます。

キハ185系車内チャイム
↑おまけ
というわけで高松…じゃない。

CIMG8264.jpg

さ ぬ き う ど ん 駅
に到着です。


その後は まあ暇なんで、ミッドナイトエクスプレス高松を待ってたら

CIMG8279.jpg
見慣れない来た。
こんな顔のN2000もいるんですねー。



んでもって先に記事に上がっている国際興業バスに乗ってジャンボフェリー乗り場へ行き、
ジャンボフェリー こんぴら2に乗船。翌朝三ノ宮→瀬田まで1本で帰りましたとさ。


ジャンボフェリーの個室マジ狭い!(

超突発 四国・徳島へ【その1】

いやー、今回の旅は ほんとに突発的だった。Twitterって怖いわw

というわけで、出発するその日に「徳島来いよ、うどん奢ってやんよ」と言われてホイホイ行ってきてしまいました。


以下、行程表。

2013.3.13-14 突然の徳島行


往路時刻交通機関運賃
瀬田7:24



快速724M定期券
石山7:27 / 7:32



特急はるか9号890(定期併用)
自由席特急料金1150
天王寺8:38 / 8:45



直通快速4320M120
新今宮8:47 / 9:12



特急サザン9号0601とくしま好きっぷ2000
座席指定料金500
和歌山港10:13  / 10:40




南海フェリー下り5便 フェリーつるぎ(好きっぷ2000)
グリーン船室料金500
徳島港12:50 / ?



徳島市営バス4系統200
徳島駅




往路 計5360円


よりによって南海フェリー経由という大回りで向かうことになりました。

さて、まず最初の山場は最寄りの瀬田駅に行った時、いきなり起きました。

帝産バスのバス停に、何やら見慣れないバスが。

こ、こいつはぁ!!!

CIMG8181.jpg


88年式の呉羽旧観光マスク装備車

1台しかいない代物で、オッペン化粧品の工場との特定契約輸送便ばかりに充当されている車両が、なぜかここに。

とまあしょっぱなからカメラを取り出すことになりまして、正直運を使い果たした気がしてならない出発となりました。

さて、石山からは 特急はるかに乗って天王寺まで行きます。朝ラッシュを避けるために特急を選びました。
自由席はほぼ満席で、びわこライナー亡き今 びわこエクスプレスの補佐はしっかりとできている印象でした。

車掌さんの「はるかでの快適な通勤、どうぞごゆっくりとお過ごしください」というアナウンスを聞きながら混雑している通勤列車を追い抜くのはとても優越感に浸れますwww

天王寺で一旦逆に引き返し、新今宮へ向かいます。フェスティバルゲートは跡形もなく解体されていました

新今宮からは南海電車。サザンに乗って和歌山港まで向かいます。
CIMG8185.jpg

平日の朝、人の流動とは逆に走るため、ガラガラでした。快適快適。

CIMG8190.jpg


和歌山港着。南海電車の車窓は大好きです。 ターミナルを出て高野線と並走するところから始まり、高架を走る私鉄らしい風景、遠くに見える工場群、住宅地を経て山を超え、和歌山市をすぎれば一気にローカル線の風情漂う車窓になり…。

ホントに飽きないんです。まる1時間窓を眺めっぱなしでした。

そしていよいよ南海フェリーで四国初上陸です!南海フェリーといえば「萌えキャラ」を全面的に押し出している痛い船会社で一部界隈では有名ですが、これ

想像以上に本気ですよ南海フェリー。
例えば、
これとか。


船内外の至るところに可愛い美少女キャラが顔をのぞかせます。
CIMG8203.jpg 
望遠鏡を持ってる娘が 高野きらら ちゃん。

CIMG8204.jpg 
髪の長い娘が 阿波野まい ちゃん。

思いの外、
キャラ設定もしっかりしています。

そして出航。したのですが。


時化てる。かなり時化てる。

自分がベタ凪の時にしか船に乗ってないからそう思うのかもしれませんが、なかなかダイナミックな揺れでした。
横になったら、この上なく心地よい揺れでしたね。おかげでぐっすり寝たため写真が殆どありません(汗


●南海フェリーテーマソング「海の向こうに」
残念ながら途中でぶつ切りされちゃいました。



CIMG8212.jpg


フェリーつるぎ グリーン船室。ゆったりしてます。一昔前の高速バスの座席みたいなのがついてます。ソファーもあります。そこに横になってました。貸切イェェェ。

【徳島着からはその2へ続く。】


阪急バスの車内メロディ

←音符クリックで再生】
いいよね、このメロディ。…車内放送は、終着前まで全て録音してます。実家から帰省したらニコニコに上げますね。


「写真は?」って?父のパソコンにiPhoneをつなぐと、同期されちゃうんだもん……。
プロフィール

おみず

Author:おみず
福岡県から滋賀県に引っ越しました。
もう大学生になっちゃったよ。
アイマス関連動画では「おみずP」と
名乗っていたりする。
最近は鉄道模型という金のかかる趣味に走り気味。

※お知らせ
このブログに掲載されている画像・音声は、
特筆なき場合は二次使用(転載・作品流用など)を
全面許可しております。
こちらで掲載されている資料で事足りるならば、
ぜひご利用ください。


Twitterやってます。こっちならほぼ毎日います。
【https://twitter.com/#!/SemirapidP】

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。